2010年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.03.24 (Wed)

農業少女

3週間くらい経ってしまいましたが忘れんうちに感想を。
話の内容に触れるネタバレはありません。




野田秀樹バージョンがどんなのかも話の内容もあまり知らなくて
松尾さんの演出で好きな多部美華子ちゃんが出るから観たかった。

松尾さんのこういう抽象的なセットの舞台って始めて観た気がする。
多少時系列が、もう一回観ないとこんがらがってる部分もあるのですが
いろんな趣向を凝らしてて、中にはどうでもいようなくだらん小細工が
散りばめてあって、重い話でも飽きません。

一番「こんなの初めて!」と思ったのが、
少女以外の3人は何役かこなすのですが舞台はけないで、
上・下と奥で着替えるところを敢えて見せてるところ。
一役終わって素に戻るところをワザと見せる。
それ自体、素に戻る演技をやってるんだから技量がなければできないことだ。
その間も重要な台詞言ったりして場を繋ぎ、常に舞台で動きがある。
暗転1度もなしでくるくる場面が変わる。
すごいなぁ~。


当たり前のことだけど、あらためてプロの役者さんは、
まず台詞が聞き取りやすいから頭に言葉が入ってくるな~と思いました。
今、うちのアマチュア劇団の稽古中だから余計そんなこと思いまして。
感想がやる側目線になってしまいました。



スポンサーサイト
17:30  |  お芝居  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。